設備状況

各設備の写真ををクリックすると大きな画像が表示されます

生産設備
最新鋭の機械設備に加え、独自の技術とノウハウで、優れた生産ラインシステムを確立しています。
また、60年の長さに渡り活躍してくれたカム式自動旋盤なども、「職人技」で特殊ニッチ部品などを生み出すために今も現役で働き続けています。
一つの部品、一つの機械への愛着もテク・ミサワのクラフトマンシップの表れです。
NC自動旋盤
約50台は20~30歳を中心とするオペレーターたちによって稼働され、複合加工、背面加工を中心にΦ0.5×Φ45までのサイズをカバーしています。
CNC自動旋盤
重切削に耐えうる仕様の新設備はステンレスをはじめとする難削材の加工に威力を発揮します。
スイス型CNC自動旋盤
別名「主軸移動型自動旋盤」とも呼ばれ、直径に比べて部品長が長い部品を高精度に切削できる点が大きな特徴です。

切削用刃物
当社では5S基準に則り、全ての道具を整理整頓し、常にベストの状態に保っています。
作業時間の効率化と品質の向上に努めています。

洗浄設備
当社では環境への配慮から、製品の脱脂には有機溶剤を一切使用せず、炭化水素系溶剤を使用し洗浄・脱脂を行います。
超音波洗浄機
真空超音波洗浄からペーパー真空乾燥まで行います。

排水処理装置
当社では環境への配慮から、バレル研磨などで発生した排水を当設備にて完全に浄化し、自然界に放出しております。